夏場のイベント告知に、「うちわ」はどの程度有効ですか?

うちわはかなり以前から夏のイベント告知に多用されるようになりました。

他と比較した際の優位性を含め、うちわの有効性を考えてみましょう。

◇他のばらまきものと比較しても優位なもの。

春夏のイベント用販促物として定番なのは、ポケットティッシュや花粉対策用のマスク、汗取り用の脂紙、メモ用紙などです。

これは俗に「ばらまき」などと呼ばれていて、受け取ってくれる率、捨てられずに使ってもらえる率が高いものです。

うちわは「ばらまき」とはジャンルが違いますが、これらの販促物とは違って広告面積が大きく、それだけでも訴求効果の高い販促物の代表格と言えます。

◇邪魔にならない販促物の優等生うちわ。

うちわの良い点は他にもあります。

うちわには柄の付いた昔ながらの形態のものや、柄の付いていない円盤形の1枚ものなどがあります。

柄の付いていない円盤形のものは、ブリーフケースにすっぽり入れられて邪魔になりません。

受け取る側からしてみると、好きなときに取り出してあおぐことができ便利です。

しかも指を入れるところにミシン目を入れておけば、「無料入場券」などに活用できます。

◇気軽に受け取って持ち歩いてもらえるのは、数ある夏の販促物の中でもうちわだけです。

有効性としてはかなり高いです。

以上のようなことからもわかるとおり、うちわの有効性は他の販促物にくらべてかなり優位なポジションにあります。

両面印刷で広告面積は広く、ポケットティッシュ等と比較してもコストは低いです。

夏場のイベント告知に、うちわを使わない手はありません。

◆少数なら手作りうちわで勝負!…手作りうちわキングでキットを注文