日本とオーストラリアの間で始まったワーキングホリデーとは

SITE MENU

オーストラリアのワーキングホリデー注目情報

オーストラリアのワーキングホリデー注目情報mainイメージ

ワーキングホリデーは、日本は1980年にオーストラリアと日本の間で始まりました。就労、通学、旅行など何でもできるビザのことです。

日本とオーストラリアの間で始まったワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーというのは、1980年に日本とオーストラリアの間で始まりました。

これは海外旅行とは違い、長期滞在が許されるビザです。

18歳から30歳までの人であれば、1年から2年の滞在許可をもらうことができ、その間は現地で学校に行っても良いし旅行しても良い、また働いても良いというものです。

観光ビザの場合は就労することはできませんし、また留学であっても働くのはあまり許されないですから、働きながら学校に行ったり旅行ができるワーキングホリデーはとても魅力的な制度です。

日本とオーストラリアの他、ニュージーランド、カナダともワーキングホリデー制度がありますので海外で何かをしたいと考えている若者にはおすすめの制度と言えます。

ワーキングホリデーは、「ワーホリ」と略して言われることが多いので、覚えておきましょう。

30歳までの間にしか使えない制度ですから、海外でいろんな経験を積みたいと考えている人は、ぜひ利用してみましょう。

★詳しくは⇒(URL:https://www.aicjapan.jp/

ワーキングホリデーのことについては、一般社団法人が無料セミナーを開催していますので、参加してみると良いです。

ビザの取得方法や適切な使い方、その他ワーキングホリデーの過ごし方などについて話があります。

ワーキングホリデーを利用して海外に行きたいのだけれど、どんな手続きをしたらいいのかわからないし、生活も不安なものです。

そんな人たちのために相談に乗ってくれるところがありますので、そのようなところを利用すると安心です。

貴重な経験ができるワーキングホリデー制度を上手に利用して、海外での生活を経験してみましょう。