地域密着のイベント用うちわを検討中。コスト的には高い?

by ,

うちわのアイディアは多種多様で、既製品でも名入れしてオリジナル化することは可能です。

ただしコスト高になるので、自前のイラストなど代替え案も選択肢として必要です。

◇アイディアは形態からデザインまで各社各様。

うちわにも各社各様にいろいろなアイディア商品が販売されており、キャラクター性の高いかわいいイラストの入ったうちわや、丸形の1枚ものうちわ、四角くてコンパクトでDMにも活用できるうちわなど多彩です。

子ども向けのイベント開催にはイラスト入りのものを。

大人向けにはサッカーや野球、夜景をメインにしたうちわなどもあります。

タイトル、キャッチ、名入れなどは自由にできます。

◇コスト的にどうか!?1000本単位で考える必要も。

夜間の暗がりではうちわの柄の部分が蛍光塗料によって光る商品もあります。

花火や夜景の画が美しく、若いカップルを対象にしたイベント、家族連れの花火大会などでは定番の人気商品です。

単価は1本あたり90円~200円というのが通常の価格帯で、発注本数は1000本が基本です。

500本でも発注は可能ですが、単価が割高になるので熟考が必要。

コンパクトなB5変形タイプのうちわは、単価が安いうえ、受け取ってもらえる率が高い人気商品です。

◇うちわを単価別に見た場合、イラストがメインだったりキャラクター性の高いものだったりすると割高な傾向にあります。

うちわショップで商品化されているキャラクタータイプの商品が、予算オーバーで高価であれば、自前の写真やイラストでオリジナルうちわを作り、データにして発注しましょう。

子どもが描いた絵をうちわのキャラクターに代用する手法は、地域密着型のイベント向きで返って効果的です。